50代透明感のある肌は可能!押さえたいポイント5つ

50代透明感のある肌は可能!押さえたいポイント5つ

2023.08.08

50代になると、なかなか自分の肌に自信が持てない人も多いのではないでしょうか。年齢を重ねていくにつれて、透明感が失われたような気がして辛いと感じている人は多いです。
思わず目を奪われる肌の美しさも透明感があってこそだといえます。しかし、50代だからといって透明感のある肌を諦めてしまうのはもったいないです。今回は、50代が理解しておきたい透明感のある肌をキープするポイントをご紹介します。また、透明感のある肌の条件や肌がくすんでしまう原因もお伝えするので、透明感のある肌を取り戻したい人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

透明感のある肌って何?

透明感のある肌って何?

そもそも透明感のある肌というのは、どんな状態なのかわからない人も多いです。わかりやすいのは、キメが細かく色ムラが少ない状態を指します。
キメが細かいというのは、肌表面に並ぶ細かなデコボコのことで、細かいほど肌がツルツルに見える状態です。シミシワなど肌のアラも目立ちにくく、光を取り込む輝きもあるため、透明感があるように見えます。
また、色ムラがというのは濁りがない状態を指し、肌色が全て均一ということです。肌の色ムラを感じさせないのは、透明感のある肌として表現できるでしょう。ムラのある肌は濁りといえるため、美しい状態とはいえません。
角質部分も透明感と関係しており、角質層の水分が多いと肌の内側から輝きを放つようなツヤを感じられるため、美しさを感じられるでしょう。また、不要な角質がない状態もくすみのない透明感のある肌といえます。

うるおい続ける化粧品 化粧品セット うるおい続ける化粧品 化粧品セット

肌がくすんでしまう原因

肌がくすんでしまう原因

肌がくすんでしまう大きな原因は、以下の3つの要素が関係しています。

・乾燥
・角質肥厚
・血行不良

乾燥はくすみだけではなくて、あらゆる部分でトラブルを引き起こしかねません。そのため、乾燥を改善させることはくすみを含める多くの肌トラブルを解消させる第一歩として考えてください。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入ったスキンケアを意識します。
しかし、稀に皮膚の炎症が原因の乾燥もあるため、その場合は皮膚のバリア機能がそもそも低下している可能性が高いので、スキンケアをしても改善が見込めない場合は医師の診断を仰ぎましょう。
角質肥厚は、古くなった角質が剥がれ落ちることができずにそのまま残り、硬く厚くなってしまっている状態です。角質肥厚になっていると、肌のくすみ以外にもざらつきが発生してスキンケアアイテムが浸透しにくくなります
角質ケアを行えるスキンケアアイテムを使うか、皮膚科やクリニックでの治療も有効的です。
血行不良は、顔色を悪くする大きな原因となります。冷えや運動不足などによって引き起こされるので、美顔マッサージやストレッチを行って改善させてください。ただし、血行を良くするためのマッサージでも肌を強くこすってしまうと逆に肌荒れの原因かになるので注意しましょう。

50代が意識したい!透明感のある肌作りのポイント5つ

50代が意識したい!透明感のある肌作りのポイント5つ

50代から透明感のある肌を目指すためには、しっかりとポイントを押さえておかなくてはいけません。難しいことではなく、意識をするだけでだいぶ違うため、理解しておきましょう。

徹底したUVケア

UVケアは、透明感のある肌を目指すために必要不可欠です。肌に対して愛情を持つことが、50代でも透明感のある肌を保つ大きなポイントになります。単純にスキンケアを行うだけではなくて、UVケアしているからこそもともとの状態も良くなるのです。特に紫外線は1年中あるため、UVケアも入念に行いましょう。
UVケアする場所も顔だけではなく、生え際や首周り、耳の周辺も忘れずにしてください。神経質にならなくても良いですが、出かける際は徹底するようにします。

擦らないスキンケア

くすみのない透明感のある肌を作るためには、肌がくすみにくい行動をとることです。洗顔の際やスキンケアを行う際に、手で擦るように洗う・塗る人はたくさんいます。
しかし、こうした擦る行為はどうしても肌に刺激を与えてしまうため、逆にスキンケアアイテムが染み込みにくくなり、汚れも落ちません。擦らず、優しく、手のひらに広げてから洗顔やスキンケアを行いましょう。

クレンジングは部分に合わせたアイテムを使う

メイクをする女性は多いですが、メイクオフに関してあまりこだわりを持っていないという方もたくさんいます。とにかくメイクを落とせば良いと考えている人も多く、1つのクレンジングアイテムで全ての箇所のメイクをゴシゴシ洗い流している可能性もあります。
確かに、1種類でもクレンジングはOKですが、例えばアイメイク・リップメイクの場合は専用のリムーバーが存在しているのです。どちらも皮膚が薄い部分なので、専用のリムーバーを使用する方が肌に優しくメイクを落とせます。
めんどうに感じるかもしれませんが、50代でも透明な肌を保つためには、しっかりと対応が必要です。

化粧水はたっぷり

肌の鮮度も明るさもいっぺんにアップしてくれるのは、化粧水の効果です。肌に水分を含ませることは、肌のみずみずしさを向上させるだけではなく、瞬時に明るい印象を与えられる方法といえます。
コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませ、丁寧につけていくと良いでしょう。仕上げに手で肌の質感を確かめるように浸透させましょう。使用する化粧水は、自分の肌に合うものがベストですが、何を使おうか迷っている方には「雪恋姫」がおすすめです。
「雪恋姫」は、100%天然由来成分なので赤ちゃんでも不安なく使用できる点が特徴といえます。無香料・無添加・無鉱物で安心の化粧水で、ビタミンミネラルが豊富に含まれているため、肌本来の治癒力を引き出してくれるでしょう。

化粧水雪恋姫ゆきこひひめ
化粧水雪恋姫ゆきこひひめ

顔以外のケアも怠らない

50代の場合、顔だけがスキンケアではありません。シワになりやすい首元や頭皮・生え際などのケアもとても重要です。スキンケアとは違い、首元や頭皮・生え際の場合は美容機器などを活用すると手入れの効率もアップします。
また、頭皮の場合はマッサージと洗浄が一緒にできるタイプなどがあるので色々試してみましょう。

50代が手軽にできる透明感のあるベースメイク

50代が手軽にできる透明感のあるベースメイク

50代になると、たくさん睡眠をとっていたとしても、くすみができたりメイクのノリが悪かったりします。そのため、大人女性が透明感のある肌を目指すために、スキンケアの他にはベースメイクも意識しましょう。
以下では、透明感のある肌を作り出せるベースメイクのポイントをご紹介します。

くすみがきれいになるピンク下地

肌がくすんで見えるのは、血色不足によるものも大きいです。そこで実践して欲しいのは、ピンクの下地を使用することです。自然にくすみを取り除いてくれますし、ベースメイクで使うと違和感のない血色を出すことができます。さらに、透明感がアップして顔立ちのメリハリも際立つため、50代は特に試してほしい方法といえるでしょう。
まず、しっかりと白もしくは透明の日焼け止めを顔全体に塗ったあと、ピンク下地をつけていきます。いきなりたくさんの量を顔に塗布するとムラが出るので、少量手に取り、目の下から塗り始めてください。次に、頬に逆三角形に伸ばし、広げすぎないように注意します。まぶたにも下地を塗り、最後は眉のすぐ上と口角にトントンと点で置いてからやわらかに塗っていくと、きれいなベースメイクの完成です。

オイルをつけると崩れも予防可能

ベースメイクの際に、クリーム系の下地だけではなくオイル系の下地を使うのも透明感のある肌を目指せる方法の1つです。順番は、洗顔・化粧水の後にオイルをつけて、クリーム系の下地をつけます。
オイルの場合は、化粧水が蒸発する前に塗るのがポイントで、1円玉大のオイルを手のひらに取り、指の腹を使って目の下から塗りましょう。オイルを多めに行き渡らせることでシワのケア、ベースメイクのヨレ予防になるのでおすすめです。
最後は、頬を包み込むようにして仕上げましょう。

ベースメイクの仕上げはリフレクター

ベースメイクの仕上げは、リフレクターを使用するのがおすすめです。リフレクターは繊細なパールを塗布するため、輝きがありみずみずしく立体的な肌を演出できます。表情が動くたびに透明感のある肌をアピールできるため、50代の女性はぜひ利用してみてください。
リフレクターは、ベースメイクの仕上げにこめかみや目の下など、全体ではなくポイントを絞ってつけるようにします。そうすることによって、光を集中できるため、よりキレイな肌に仕上げられるでしょう。

化粧水雪恋姫ゆきこひひめ 化粧水雪恋姫ゆきこひひめ

まとめ

今回は50代でも透明感のある肌を目指す方法についてご紹介しました。年代的にくすみが起きてしまいがちですが、しっかりとスキンケアを行い、ベースメイクのポイントを理解することで透明感のある肌を目指せます。今回ご紹介したケア方法やベースメイクのポイントをよく意識していただきながら、美しく透明感のある肌を目指してみてください。

RELATION関連記事

  • ゆらぎ肌って?トラブルが増える春にこそスキンケアが大事!

    春にトラブルとして発症しがちなゆらぎ肌は、すべての人に現れるわけではありません。ゆらぎ肌を対策するためにスキンケアやメイクを意識することで予防できます。

    2022.01.11

  • 低刺激・高保湿の化粧水って何が良いの?選び方のポイントをご紹介。

    近年、肌質や年齢を問わず、注目されている化粧水のキーワードが、「低刺激」と「高保湿」です。なぜ今、低刺激・高保湿の化粧水が人気なのでしょう?その秘密にせまってみました。

    2019.09.17

  • お肌の年齢を自覚する!自分でできる肌質診断と肌悩みに寄り添った対策方法を紹介します

    ふとした時に自分の肌の状態が気になることはありませんか?乾燥や小じわ、たるみなど。それらはすべて肌年齢の衰えによるものです。今回は自分の肌を自覚するための肌質診断と肌悩みに寄り添った対策方法を紹介します。

    2023.02.14

  • 化粧水ケアが大切!大人ニキビの原因や対策法をご紹介。

    大人ニキビのケア方法のポイントは保湿。その対策アイテムとして重要な化粧水の正しい使い方やニキビの原因、対策法などをご紹介します。

    2019.06.13