気になるたるみ毛穴を改善し、ハリのあるお肌を取り戻す方法とは?

気になるたるみ毛穴を改善し、ハリのあるお肌を取り戻す方法とは?

2022.06.14

鏡を見ていると、頬の楕円形の毛穴が目立つ・・・その悩み、たるみ毛穴が原因かもしれません。
たるみ毛穴は日常生活のあらゆる場面に原因が隠れていて、放っておくとさらに悪化して取り返しのつかないお肌の状態になる可能性もあります。

セルフケアの方法を正しく理解し、ハリのあるお肌を取り戻しましょう。

たるみ毛穴の原因とは?

たるみ毛穴の原因とは?

たるみ毛穴とは、重力によって肌がたるみ、下に引っ張られることによって毛穴が楕円形・涙状に伸びて開く現象のことを指します。加齢に伴い、肌のハリを支えるコラーゲンやヒアルロン酸が減少して肌に弾力がなくなってくるため、主に30〜40代からたるみ毛穴が目立ち始めます。しかし、加齢だけが原因ではなく、以下のような原因もたるみ毛穴を加速させます。

皮脂の分泌量の増加

皮脂の分泌量が多くなると、皮脂が詰まって毛穴を広げてしまい、目立ちやすくなってしまいます。皮脂の分泌量は、女性ホルモンのバランスの乱れ・脂質や糖質の高い食事・ストレスなどが原因で多くなります。

乾燥肌

乾燥した肌は、肌の潤い・弾力を保つための弾力が奪われて皮膚が固くなるため、一度開いてしまった毛穴が元に戻れずたるみが目立ちやすい状態になってしまいます。

表情筋の低下

加齢が進むと、徐々に表情筋が衰えています。表情筋が衰えてしまうと、顔の脂肪を支えきれなくなってしまい、肌や毛穴がたるむ原因となります。特にデスクワークをしている人や猫背だと、姿勢が悪くなり首の筋肉が縮んで表情筋も下方向に引っ張られてしまう傾向があるため要注意です。

活性酸素の増加

活性酸素とは、体の器官を酸化させる力がとても強い物質のことです。普段は免疫力の活性化など体にメリットを与えてくれる存在ですが、活性酸素が増えすぎてしまうと酸化作用によって肌やあらゆる細胞をさびつかせてしまいます。これによって肌のしわ・しみだけでなく、たるみ毛穴の原因を作りだします。

この活性酸素は、ストレスや疲れ・女性ホルモンの乱れなど生活習慣によって体内で増加すると言われています。疲れが溜まると肌が荒れているように感じるのは活性酸素の仕業です。

私の毛穴はたるみ毛穴?

私の毛穴はたるみ毛穴?

たるみ毛穴は、若い時によくできた角栓や汚れの詰まりによる毛穴と区別しづらいですよね。自分の毛穴が肌のたるみによるものか判別するには、以下の方法で判断しましょう。

手鏡を用いた判別方法

まず、手鏡で顔を確認し、毛穴の状態を確認します。次に顔を上へ向けて毛穴の状態を確認し、両者を比較します。

もしも、上を向いたときに毛穴が通常時よりも目立たないのであれば、重力が原因で引き起こされるたるみによる毛穴となります。たるみ毛穴は頬の内側に多く現れるため、確認するときは頬を見てみましょう。

たるみ毛穴の改善方法とは?

たるみ毛穴の改善方法とは?

たるみ毛穴を改善するためには、普段の洗顔・保湿の仕方や生活を見直す必要があります。以下の方法をよく確認し、毛穴とは無縁のツヤ肌を手に入れましょう。

1. 洗顔方法を見直す

洗顔の際に、マッサージとして肌をゴシゴシと強く擦ったり抑えたりしていませんか?洗顔時の肌は非常にデリケートであるため、肌を荒く扱ってしまうと毛穴を傷つけ、さらに広げてしまい、たるみ毛穴や小ジワの原因となってしまいます。

洗顔をするときは洗顔料に水を加えてきめ細かな泡ができるまで泡立て、泡で顔を優しく撫でるようにして洗いましょう。冷水・熱湯を使うのは厳禁で、38〜40℃くらいの温度が適切です。

2. 乳液湿布を試す

洗顔・化粧水で保湿ケアをした後に、乳液湿布をして肌に潤いを追加で補修しましょう。乳液湿布のやり方は、大きめのコットンに乳液を取り出してコットンに満遍なく広がるように馴染ませます。パックのようなものが完成したら、毛穴の目立つところに貼り付け、5〜6分放置しましょう。

特に、乾燥肌の方にはおすすめのたるみ毛穴改善方法です。しかし、毎日行うと逆に肌の油分過多となってしまいますので、2・3日に1度のケアにしましょう。

3. 活性酸素を抑える食べ物を摂取する

私たちの体の中にある活性酸素という物質は、肌をさびさせ、毛穴のたるみを引き起こす原因となってしまうため、活性酸素を減らす努力が必要です。

抗酸化物質という活性酸素の働きを防ぐ成分を多く含む食事を取ることで、体の内側からたるみ毛穴対策ができます。トマト・ほうれん草・シソ・ニラなどの緑黄色野菜やレモンなどの柑橘類をとることが必要です。

4. 十分な睡眠をとる

美肌の大敵である活性酸素は、疲れ・ストレスによって引き起こされます。睡眠時に放出される睡眠ホルモン「メラトニン」は、活性酸素の働きを抑える抗酸化作f用を持っています。睡眠は、美肌を保つためのメンテナンス期間とも言えるため、睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

特に、お肌のゴールデンタイムは深夜1〜3時と言われています。この時間に深い眠りに入ってメラトニンに働いてもらうために、日付が変わる前には入眠すると効果的です。

5. 表情筋のトレーニング

たるみ毛穴の大きな原因である表情筋の低下を防ぐため、定期的に表情筋を鍛えるトレーニングを行いましょう。簡単に取り入れられるものとしては「あいうえおトレーニング」です。

大きく口を開けて、あ・い・う・え・おと大きく動かします。声は出さなくても大丈夫です。鏡を見ながら口の動きを見て口角が上がって表情筋が鍛えられているのを確認しましょう。

6. 紫外線対策を徹底する

紫外線も、美肌の大敵活性酸素を増やす原因となります。日焼け止めを塗ることを心がけて紫外線対策を取り入れましょう。紫外線は、曇りの日も私たちの肌を攻撃するので、毎日のケアを心がけましょう。特に、春から夏にかけては特に紫外線が多くなるため、日傘の使用や帽子を被ると良いです。

日々の保湿ケアに役立つ化粧水を取り入れましょう

日々の保湿ケアに役立つ化粧水を取り入れましょう

お肌の調子が戻らないという方は、化粧水の見直しをしてみましょう。保湿力の高いという効果だけでなく、自分の肌に対して刺激が強すぎないか?というポイントにも注意する必要があります。刺激の強い化粧水の使用は、返って肌を傷つけてしまう恐れがあります。

株式会社フローラが開発した化粧水、「雪恋姫」は、化学成分不使用で100%天然由来成分で作られた赤ちゃんでも使える化粧水です。肌のたるみ毛穴を改善するために必要な成分であるビタミン・ミネラルが豊富に含まれていて、抗酸化物質を化粧水を通して補給することができます。化粧水が合わなくてお悩みの方は是非一度お試しください。

化粧水雪恋姫ゆきこひひめ
化粧水雪恋姫ゆきこひひめ

まとめ

たるみ毛穴は、加齢を中心に乾燥肌・表情筋の低下・皮脂分泌や活性酸素の増加が原因です。洗顔の仕方を見直し、食事・睡眠など日常生活に気を配ることで改善することができます。それでもお肌が改善しないという方は、ひょっとすると化粧水が肌に合っていないことが原因かもしれません。たるみ毛穴を改善し、ハリのあるツヤ肌を取り戻しましょう。

RELATION関連記事

  • 乾燥が気になる冬に負けない! 6つの保湿・肌対策

    乾燥が気になる冬に負けない! 6つの保湿・肌対策

    スキンケア

    2019.01.08

  • 脂性肌の原因と効果的な対策法!毎日のケアが鍵になる?

    脂性肌の原因と効果的な対策法!毎日のケアが鍵になる?

    スキンケア

    2021.12.21

  • 【 美容マニアが伝授】40代から始める毎日やるべき美容スキンケアや生活習慣を徹底解説!

    【 美容マニアが伝授】40代から始める毎日やるべき美容スキンケアや生活習慣を徹底解説!

    スキンケア

    2022.09.20

  • マスクなどで敏感肌になってしまう今お勧めの化粧水

    マスクなどで敏感肌になってしまう今お勧めの化粧水

    スキンケア

    2021.04.27