アトピー肌の私が安心して使える化粧水の特徴

アトピー肌の私が安心して使える化粧水の特徴

2019.09.10

アトピー肌の人にとって、お肌の乾燥は深刻な悩みです。でも、化粧水を使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出たりする人も多いはず。化粧水のせいでアトピーが悪化して、鏡の前でため息をついたこともあるのではないでしょうか。
「アトピー肌にも安心!」とうたわれた化粧水も見かけますが、新商品を試すには勇気がいりますね。では、アトピー肌でも安心して使える化粧水には、どんな特徴があるのでしょうか。
アトピー肌にも優しい化粧水の特徴について見ていきましょう。

アトピー肌向きの化粧水、最大の特徴は「低刺激」

アトピー肌向きの化粧水、最大の特徴は「低刺激」

アトピー肌にも安心な化粧水は、低刺激であることが一番の特徴です。通常、肌は、「角層」と呼ばれる保護層によって、外気や紫外線から守られています。いわゆる「肌のバリア機能」です。ところが、アトピー肌の人は、このバリア機能がうまく働きません。ハウスダストや化学成分、アレルゲンなどの刺激物が、肌内部に侵入しやすい状態です。ですから化粧水に刺激性の成分が含まれていると、アトピー肌はまともにダメージを受けてしまいます。

つまり、刺激性のある成分が配合されていないこと、これが、アトピー肌に優しい化粧水の重要な特徴です。アトピー肌の人が刺激を感じやすい成分の代表格が、石油由来の化学成分です。
たとえば、

①防腐剤…パラペン、サルチル酸
②界面活性剤…ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ポリエチレングリコール
③酸化防止剤…エデト酸、ジブチルヒドロ〇〇

などがあげられます。
こうした成分を使っていない化粧水を選びましょう。

化粧水雪恋姫ゆきこひひめ
化粧水雪恋姫ゆきこひひめ

アトピー肌向きの化粧水、2つめの特徴は「保湿力」

アトピー肌向きの化粧水、2つめの特徴は「保湿力」

アトピー肌の人は、刺激に弱いだけでなく、肌が乾燥しやすい状態です。損なわれたバリア機能のすき間から、水分が蒸発しやすいからです。つまり、アトピー肌の人が安心して使える化粧水は、肌にしっかり浸透し、なおかつ肌内部にうるおいをとどめる力を持つのが特徴です。保湿に有効と言われているのがセラミドとヒアルロン酸です。

どちらも、もともと人の体内にある成分なので、アレルギーのリスクが低く、なおかつ浸透性にもすぐれています。また、保水力に持続性があり、壊れたバリア機能の修復にも役立ちます。

個人的には、使用感を考えると、日中のケアにはセラミド、ナイトケアにはヒアルロン酸が向いているように思います。ヒアルロン酸入りの化粧水は、若干重い感じがあるからです。ベタつきが気になる人は、できるだけヒアルロン酸の粒子が小さく、肌に浸透しやすい工夫がされた商品を選ぶようにしてください。

他にも、和漢植物エキスや乳酸菌が入った化粧水も、うるおい感が持続して、良い感じですよ。

アトピー肌向きの化粧水、3つめの特徴は「安全性」

アトピー肌向きの化粧水、3つめの特徴は「安全性」

化粧水で悩んだことのあるアトピー肌の人なら、「アレルギーテスト済み」「パッチテスト済み」などの表示を見たことがあるでしょう。これらは、肌に対する安全性の基準がより厳格な商品という意味で、お肌へのやさしさを意識した化粧水に特徴的な表示です。

とは言え、テスト済みだからと言って、すべての人の肌に合うとは限りません。自宅で簡単にできるパッチテストの方法をご紹介しましょう。

①絆創膏の傷口にあてる部分に、化粧水をたっぷりしみ込ませる
②紫外線などの影響を受けにくい、太ももの内側などに貼る
③水に濡らさないようにして24~48時間おく

などがあげられます。
こうした成分を使っていない化粧水を選びましょう。絆創膏をはがした時に、赤みやかぶれなどの症状が出ていなければ、とりあえず安全圏内の化粧水と判断できます。より慎重にしたいなら、念のために腕や首に1週間ほど使用してみましょう。

それで問題が無ければ、顔に使っても大丈夫なはずです。ただし、顔にアトピーの症状が出ている時は、まずその部分に少量だけ試し、異常が出ないことを確認してから、全体使いに切り替えましょう。

無添加の化粧水ならアトピー肌にも安心?

無添加化粧水と聞くと、「体に悪いものが一切入っていない安全な化粧水」というイメージを持ってしまいがちです。私もかつてはそう思っていました。でも、無添加をうたった化粧水でも、私の肌にはしみるのです。

そこで色々と調べた結果、私は次のような結論に至りました。「無添加化粧水とは、日本の薬事法で定められた成分だけを排除した化粧水。だから、無添加をうたっていても、薬事法に引っかからない別の刺激物は使われている可能性がある」。

この結論にもとづいて、私は無添加化粧水でも成分をよく見て選ぶようになりました。薬事法の指定があるかないかに関わらず、防腐剤、乳化剤、界面活性剤、香料、アルコールなどを一切使っていないことが、アトピー肌でも安心して使える化粧水の特徴だと気づいたからです。この方針に切り替えてから、今のところ化粧水による大きなトラブルは起きていません。

今使っている化粧水はフローラの雪恋姫です。100%天然由来成分の無香料・無添加・無鉱物で安心して使えています。私のようなアトピー肌の人は、表示指定成分の無添加にとどまらず、もっとこまやかな配慮をされた化粧水を選ぶべきだと思います。

化粧水雪恋姫ゆきこひひめ
化粧水雪恋姫ゆきこひひめ

まとめ

アトピー肌の私が安心して使える化粧水の特徴 まとめ

化粧水の成分をすべてチェックすることは困難です。実際に使ってみなければわからない部分はどうしても残ります。ただ、万が一トラブルが起きた時、シンプルな処方の化粧水ほど、原因は特定しやすいでしょう。この記事でご紹介した特徴をふまえて、肌に優しく保湿力の高い化粧水で、アトピー肌をサポートしてあげましょう。

RELATION関連記事

  • 若い頃と同じ洗顔してない?年齢に合ったスキンケア方法

    若い頃と同じ洗顔してない?年齢に合ったスキンケア方法

    スキンケア

    2021.02.23

  • 肌荒れには無添加入浴剤がおすすめ!避けるべき成分って何?

    無添加入浴剤がおすすめ!肌荒れさんが避けるべき成分って何?

    スキンケア

    2019.07.30

  • 乾燥肌さんが使うべきおすすめ化粧水 選び方・効果を徹底解説!

    乾燥肌さんが使うべきおすすめ化粧水 選び方・効果を徹底解説!

    スキンケア

    2019.03.26

  • 大人ニキビには化粧水ケアが大切!原因や対策法をご紹介。

    化粧水ケアが大切!大人ニキビの原因や対策法をご紹介。

    スキンケア

    2019.06.13