研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方は?研磨剤無配合を使うメリットも徹底解説!

研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方は?研磨剤無配合を使うメリットも徹底解説!

2024.01.16

歯に付着した汚れを削り取ってくれる研磨剤。
しかし近年では、歯を大切にしたいという思いから、研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶ人も増えてきました。
では研磨剤なしの歯磨き粉にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
またどのようにして研磨剤なしの歯磨き粉を見分ければ良いのでしょうか?
今回は研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットや見分け方について解説していきます。

研磨剤なしの歯磨き粉の方が歯に良い?

研磨剤なしの歯磨き粉の方が歯に良い?
研磨剤とは、歯磨き粉に含まれている添加物の一種です。研磨剤に含まれている硬質の粒子が、歯垢や着色汚れを落としてくれます。
一般的な歯磨き粉は研磨剤が含まれている商品が多いですが、研磨剤が強すぎると歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう可能性があるのです。
一概に研磨剤なしの歯磨き粉の方が歯に良いとは言えませんが、口腔環境の状態によっては研磨剤なしの歯磨き粉を使用した方が良い場合もあります。

研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリット

研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリット
市販されている歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いです。しかし研磨剤なしの歯磨き粉には多くのメリットがあります。
ここでは研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットを紹介していきます。

①歯を傷つけにくくなる

研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットとして一番大きいのが、歯を傷つけにくくなるという点です。
研磨剤には硬質の粒子が含まれており、歯の表面を削る作用があります。
特に歯の表面にあるエナメル質を傷つけてしまうと、虫歯・知覚過敏などを引き起こすリスクがあるのです。
研磨剤なしの歯磨き粉を使うことによって、これらのリスクを回避できます。

②歯茎に優しい

歯茎にやさしい
研磨剤なしの歯磨き粉を使うと、歯の表面だけでなく歯茎を優しくケアすることができます。
歯と歯茎の隙間には、汚れが溜まりやすい歯周ポケットがあります。歯周ポケットに汚れが溜まってしまうと、歯周病を引き起こすリスクがあるのです。
実はこの歯周ポケットに研磨剤が入り込んで溜まってしまうことによって、同様の健康被害を引き起こす可能性があります。
研磨剤なしの歯磨き粉を使用していれば、このような心配はありません。

③子供の歯磨きに最適

研磨剤なしの歯磨き粉は、子供の歯磨きに最適というメリットがあります。
子供の乳歯・生えたての永久歯は、大人と比べると表面が柔らかく、非常にデリケートです。
そんな子供の歯に研磨剤入りの歯磨き粉を使用してしまうと、歯の表面や歯茎を傷つけてしまい、虫歯・歯周病のリスクを高めてしまいます。
子供の歯磨きには研磨剤なしのものや、フッ素などの歯質を強化できる成分を含んでいるものを使用するのがおすすめです。

④添加物の影響を受けなくなる

添加物
研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットとしては、添加物の影響を受けなくなるという点が挙げられます。
研磨剤入りの歯磨き粉には、多くの添加物が含まれており、場合によっては口内環境に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
例えば歯磨き粉に含まれていることも多い界面活性剤「ラウリル硫酸ナトリウム」には、保湿能力低下・皮膚の変形といったリスクが指摘されています。
自分の口内環境に不安を抱えている人は、少しでも添加物が少ない歯磨き粉を選ぶのがおすすめです。

研磨剤なしの歯磨き粉を使うデメリットはほぼない

歯磨き粉に含まれている研磨剤には、歯に付着した汚れを落としてくれる効果があります。
そのため研磨剤なしの歯磨き粉を使うと「汚れが落ちにくいのではないか」と不安になる人もいるでしょう。
実は歯の汚れを浮かせて落とす成分が含まれている歯磨き粉を使えば、研磨剤と同じような効果が得られるのです。
また歯ブラシで歯をブラッシングするだけでも汚れを落とす効果は十分にあるので、実質研磨剤なしの歯磨き粉を使うデメリットはないと言えるでしょう。

研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方

研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方
研磨剤なしの歯磨き粉を見分けるには、歯磨き粉の成分表に注目しましょう。
研磨剤は以下のような添加物として記載されていることが多いです。

• シリカ
• マイクロクリスタリンワックス
• リン酸水素ナトリウム
• 含水ケイ酸
• 炭酸ナトリウム
• 酸化チタン
• 重質炭酸カルシウム
• 無水ケイ酸
• 歯磨用リン酸水素カルシウム
• 水酸化アルミニウム

また歯磨き粉のパッケージに「研磨剤無配合」と記載してある場合もあります。
気になる歯磨き粉があれば、まずはパッケージ・成分表をチェックしてみましょう。

歯磨き粉選びに迷ったら「HA-118」がおすすめ!

ハミガキHA-118
ハミガキHA-118

毎日使う歯磨き粉だからこそ、少しでも安心して利用できる商品を選びたいという人が多いでしょう。
そんな人には株式会社フローラ「HA-118」がおすすめです。
HA-118はキシリトールや炭酸カルシウム、スギエキスなど100%天然由来成分で作られており、有害な添加物・鉱物などは含まれていません。
またHA-118には虫歯予防・口臭防止・歯を白くする・歯垢除去・歯石沈着防止など、1本で様々な効果が期待できます。
HA-118を使えば、毎日の歯磨き習慣が上質なものになるでしょう。

まとめ

まとめ
今回は研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリットや見分け方について解説してきました。
研磨剤は歯磨きに含まれる添加物の一種で、歯に付着した汚れを削り取ってくれる役割があります。
しかし歯を削るので、人によっては虫歯・歯周病・知覚過敏を進行させてしまうリスクもあるのです。
自分の口内環境に少しでも不安を抱えている人は、ぜひ今回の記事を参考に研磨剤なしの歯磨き粉を使ってみてはいかがでしょうか?

ハミガキHA-118
ハミガキHA-118

RELATION関連記事

  • 市販の歯磨き粉はキケン?!無添加の歯磨き粉が人気の理由

    毎日使う歯磨き粉は無添加がオススメ!市販の歯磨き粉の危険性と、無添加歯磨き粉をオススメする理由、そして人気の無添加歯磨き粉3選をご紹介します。

    2020.05.05

  • 夫の口臭に耐えられない!気持ちよく口臭対策してもらう秘訣って?

    夫の口臭を指摘するのは難しいことです。今回はプライドを傷つけずに口臭を指摘する伝え方と口臭対策に役立つブレスケア用品をご紹介します。

    2021.02.16

  • 知覚過敏って?症状&原因とおすすめの歯磨き粉

    食事のたびに非常に不快でストレスに感じる知覚過敏。その症状と原因、そして知覚過敏を防ぐオススメの歯磨き粉3選をご紹介します。

    2020.06.02

  • 虫歯が出来るのはなぜ?虫歯・歯周病にならない対処法

    歯磨きしていても、虫歯や歯周病になる原因や仕組み、正しい対処法をご紹介しています。ポイントは食事や歯磨き、唾液の分泌にあります。

    2019.09.03