歯磨き粉の選び方は?歯医者さんがおすすめする歯磨き粉も紹介!

歯磨き粉の選び方は?歯医者さんがおすすめする歯磨き粉も紹介!

2024.01.23

世の中には様々な種類の歯磨き粉が販売されており、高濃度フッ素が配合されている虫歯予防歯磨き粉も珍しくありません。
種類も豊富にあるので、どの歯磨き粉を使えば良いのか迷ってしまいます。
しかし毎日使う歯磨き粉だからこそ「自分に合ったものを使いたい」と思う人も多いでしょう。
そこで今回は歯磨き粉の選び方や歯医者さんがおすすめする歯磨き粉を紹介していきます。

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉の選び方は?

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉の選び方は?
毎日使用する歯磨き粉は、虫歯を予防する上で必要不可欠です。しかし歯磨き粉の種類は非常に多く「どれを選んだら良いのかわからない」という人も多いでしょう。
ここでは歯のプロである歯医者さんがおすすめする歯磨き粉の選び方について解説していきます。

高い殺菌作用を持つ成分が配合されている歯磨き粉を選ぶ

歯磨き粉を選ぶ際は、高い殺菌作用を持つ成分が配合されている歯磨き粉を選ぶようにしましょう。
高い殺菌作用を持っている成分としてはIPMP(イソプロピルメチルフェノール)・CPC(塩化セチルビリジニウム)と言った成分が挙げられます。
特にIPMPは口内細菌が集まることによってできるネバ付き「バイオフィルム」に高い効果を発揮します。
CPCは口内を浮遊する細菌に対して、強い殺菌効果を発揮するので、口内環境の保護に重要です。

自分の歯茎の状態に合わせて選ぶ

自分の歯茎の状態に合わせて選ぶ
自分の歯茎の状態に合わせて歯磨き粉を選ぶのもおすすめです。
歯磨き粉の中には歯周病に効果があるものも販売されており、歯茎の炎症を抑える・活性化する
など、その種類は様々です。
まずは自分の歯茎の状態を確認し、その状態に効果がある歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

研磨剤の有無で選ぶ

研磨剤とは、歯に付着した汚れを削りとる細かな粒子です。世の中に流通している歯磨き粉の多くには、研磨剤が配合されています。
研磨剤には歯の汚れを落としてくれる効果がある一方で、歯の表面のエナメル質を削りとってしまうというデメリットもあるのです。
そのため口内環境への刺激に弱い人や、子供には研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶのがおすすめです。

ハミガキHA-118
ハミガキHA-118

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉3選!

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉3選!
歯磨き粉はドラッグストアやスーパーなどで、様々な種類の商品が販売されています。では実際どの歯磨き粉を使用したら良いのでしょうか?
ここでは歯医者さんがおすすめする歯磨き粉を3つご紹介していきます。

チェックアップ スタンダード

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉、1つ目は「チェックアップ スタンダード」です!こちらは歯医者で勧められる歯磨き粉の中でも、王道の商品と言って良いでしょう。
チェックアップ スタンダードには、1450ppmのフッ素が配合されており、低研磨・低発泡が特徴の虫歯予防歯磨き粉です。
低研磨・低発泡のためゆっくり時間をかけて歯磨きをしやすく、少ないうがいの回数で口内を清潔に保つことができます。
2023年2月に商品が改訂されており、新成分を配合することでフッ素の滞留時間が3倍にまで向上しています。

クリンプロ 歯みがきペースト F1450

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉、2つ目は「クリンプロ 歯みがきペースト F1450」です!
クリンプロ 歯みがきペースト F1450には1450ppmの高濃度フッ素が配合されているのに加えて、「fTCP」と呼ばれている独自成分が配合されています。
この成分によって同じ量の高濃度フッ素が配合されている歯磨き粉よりも、歯の表面の硬さが2割ほど上昇したという報告も上がっているのです。
またクリンプロ 歯みがきペースト F1450には、歯周病予防効果がある成分も配合されており、歯茎もしっかりケアしたいという人にもおすすめです。

HA-118

歯医者さんがおすすめする歯磨き粉、3つ目は「HA-118」です!
HA-118はキシリトールや炭酸カルシウム、スギエキスなど100%天然由来成分で作られており、有害な添加物・鉱物などは含まれていません。
またHA-118には虫歯予防・口臭防止・歯を白くする・歯垢除去・歯石沈着防止など、1本で様々な効果が期待できます。
HA-118を使えば、毎日の歯磨き習慣が上質なものになるでしょう。
子供でも安心して使える口内環境に優しい歯磨き粉となっていますので、自分に合った歯磨き粉を探している人は、是非一度お試しください。

ハミガキHA-118
ハミガキHA-118

まとめ

今回は歯磨き粉の選び方や歯医者さんがおすすめする歯磨き粉を紹介してきました。
現在スーパーやドラッグストアでは、様々な特徴を持った歯磨き粉が販売されており、自分に合った歯磨き粉を選ぶのが難しいという人も多いでしょう。
また虫歯予防だけでなく、歯周病予防効果が歯磨き粉も販売されているので、自分の口内環境に合った歯磨き粉を使用することが重要です。
是非今回の記事を参考に、歯磨き粉を選んでみてください!

ハミガキHA-118
ハミガキHA-118

RELATION関連記事

  • 市販の歯磨き粉はキケン?!無添加の歯磨き粉が人気の理由

    毎日使う歯磨き粉は無添加がオススメ!市販の歯磨き粉の危険性と、無添加歯磨き粉をオススメする理由、そして人気の無添加歯磨き粉3選をご紹介します。

    2020.05.05

  • 40代女性の口臭が一番臭いって知ってた?原因と改善方法を徹底解説!

    男性よりも女性の方が口臭はキツイってことをご存知ですか?特に40歳以上の女性ではホルモンバランスの変化などにより臭ってしまうことも。ここでは40代から始める口臭ケア方法を紹介します。

    2022.08.30

  • ホワイトニングをセルフでしたい時、その注意点とは?

    セルフホワイトニングをする際に最も重要なのは、普段の食生活と歯磨き粉を正しく選ぶことで歯の着色を防ぐことです。

    2022.03.29

  • 知覚過敏って?症状&原因とおすすめの歯磨き粉

    食事のたびに非常に不快でストレスに感じる知覚過敏。その症状と原因、そして知覚過敏を防ぐオススメの歯磨き粉3選をご紹介します。

    2020.06.02