トリートメントの効果的な使い方をご紹介。目指せサラサラ髪!

トリートメントの効果的な使い方をご紹介。目指せサラサラ髪!

2019.01.24

ヘアカラーを繰り返したり髪の毛が乾燥すると、パサパサになったりと髪の毛はダメージを受けてしまいます。特に20代の女性はヘアカラーやブリーチをする人が多いので、「サラサラな髪の毛にしたい」と悩んでいるはずです。

私もサラサラ髪を目指して色々な使い方を試してきました。そのおかげで今はキューティクルの整った髪の毛をキープできています!

そこで今回は私が実際に試している、「トリートメントの効果的な使い方」についてご紹介していきましょう。美容院ではなく自宅でできる使い方なので、できるだけ時間と手間をかけたくない20代の女性に特におすすめ。ぜひ参考にしてみて下さいね。

トリートメントを効果的に使うには役割を知ろう

髪の毛のダメージに気がついていながらも、「リンスインシャンプーを使っている」というようにトリートメントをしていない人もいるはずです。たしかにリンスが入っていれば問題ない気もしますが、なぜ髪の毛にはトリートメントが必要なのでしょうか?

ではここでトリートメントの役割をおさらいしておきましょう。トリートメントは乾燥やヘアカラーなどで痛んだ髪の毛を内側から補修してくれるものです。髪の毛をコーティングしてツルツルにするものだと思っている人もいるかもしれませんが、外側にアプローチするのはリンスになります。

リンスは髪の毛を外側からツルツルにするので、使用すると比較的早くサラサラの髪になるものです。しかし内側からアプローチするトリートメントは、髪の毛に浸透するまでに少し時間がかかります。

髪の毛があまりダメージを受けていないならリンスでも良いですが、ヘアカラーやブリーチ、アイロンなどで髪の毛が痛んでいるのならトリートメントの使用がおすすめです。

トリートメントの種類には何があるの?

トリートメントの種類には何があるの?

ひとくちにトリートメントと言っても、実はいくつかの種類があります。トリートメントの種類を下記にまとめてみました。

トリートメントの種類
・洗い流すタイプのトリートメント
・洗い流さないタイプのオイルトリートメント
・洗い流さないタイプのスプレートリートメント
・洗い流さないタイプの乳液トリートメント

このようにトリートメントの種類は大きく分けて4つあります。洗い流すタイプのトリートメントはシャンプーの後に使い、しばらく置いてから洗い流すものです。洗い流さないタイプのトリートメントはシャンプー後の濡れた髪または乾いた髪に使い、そのまま洗い流さずにおくタイプになります。

100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー
100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー

トリートメントの効果的な使い方をご紹介!

トリートメントの効果的な使い方をご紹介!

トリートメントはそのまま使用しても髪に良い効果をもたらしてくれますが、さらにトリートメントの効果をアップさせたいのならこれからご紹介する使い方を試してみて下さい。毎日しっかり髪の毛をケアをすればサラサラの髪をキープできるので、ぜひ今日使い方を変えてみましょう。

洗い流すタイプはしっかりシャンプーを洗い流してから

せっかくいいトリートメントを使っていても、シャンプーのすすぎ残しがあっては髪にダメージを与えてしまいます。洗い流すタイプのトリートメントを使う前に、まずはしっかりシャンプーを洗い流しましょう。特に顔や耳の周り、襟足はすすぎ残しが多い部位です。髪の毛に泡やヌルヌルとした感じが残っていないか、手で触って念入りにチェックして下さいね。

洗い流さないタイプは水気をしっかり取ってから使う

洗い流さないタイプのトリートメントをドライヤーを使う前に塗る人は、髪の毛の水気をしっかりと拭き取ってから塗りましょう。トリートメントが水分と混ざると効果が薄くなってしまう場合があるので注意して下さい。しっかりとタオルドライをして、水滴がポタポタとたれない状態になってからトリートメントを塗るのがポイントです。

痛みが激しい毛先にはトリートメントを念入りに塗る

トリートメントを全体的にササッと塗って終わってしまう人もいますが、髪の毛の中間から毛先にかけて塗るのが基本です。根元よりも中間から下の方が髪の毛は痛みやすく、特に毛先はパサつきやすい部分。中間から毛先にかけて念入りにトリートメントを塗って痛みを補修しましょう。毛先の枝毛が気になる人は、最後にギュッと手のひらで毛先を握ると浸透しやすくなります。

トリートメントをより効果的にする方法

実は私もサラサラの髪の毛に憧れていたので、先ほどご紹介したケア方法で毎日ケアをしていました。もちろん3つの点に注意するだけでも以前よりサラサラになったのですが、より効果的にする方法を見つけたのでご紹介します。

それは髪の状態に合わせてトリートメントの種類を使い分ける方法。髪の毛は季節によって乾燥しやすくなったりしますし、寝方によって寝癖がつきやすい時もあるでしょう。

なので私は、
・寝癖がつきやすい時期→ミストタイプのトリートメントを使う
・髪の毛が乾燥しやすい時期→洗い流さないトリートメントのオイルタイプを使う
・美容院に行く前で髪の量が多い時期→クリームタイプのトリートメントを使う
というように使い分けています。

髪の状態に合わせて使い方だけでなく種類も使い分けると、よりサラサラな状態をキープできるので試してみて下さいね。

トリートメントを効果的に使ってサラサラ髪を手に入れよう(まとめ)

髪の毛はただ汚れを落とせばいいものではなく、痛みを補修するにはトリートメントを念入りに行うのがポイントです。あまり痛みが気にならない人は、リンスや洗い流すトリートメントだけでもサラサラをキープできます。

しかし痛みがひどい人は、「シャンプー+洗い流すトリートメント+洗い流さないトリートメント」がおすすめです。3種類を使って髪の毛を補修し、ご紹介した効果的な使い方を試せば、痛んだ髪の毛もサラサラな状態へ近づいていくでしょう。

どの方法も長い時間は必要ではないので、ぜひあなたも今日からチャレンジしてみて下さいね。

100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー
100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー

RELATION関連記事

  • 時短で簡単♪ヘアアレンジ特集。

    時短で簡単♪ヘアアレンジ特集。

    ヘア

    2019.01.02

  • 無添加シャンプーの選び方は? 成分と安全性の見極め方

    無添加シャンプーの選び方は? 成分と安全性の見極め方

    ヘア

    2019.06.05

  • 頭皮のタイプでケアは変わる!抜け毛改善術。

    頭皮のタイプでケアは変わる!抜け毛改善術。

    ヘア

    2019.01.27

  • パーマを長持ちさせたい。簡単にできる方法6選

    パーマを長持ちさせたい。簡単にできる方法6選

    ヘア

    2019.02.05