疲労にサプリは効く?疲労改善方法からおすすめのサプリまで!

疲労にサプリは効く?疲労改善方法からおすすめのサプリまで!

2022.04.26

最近なんだか疲れやすいな・・・そう感じても、疲労はどうして起こるのかという原因について理解している方は意外と少ないです。
疲労は仕事や家事のせいだけではなく、日常生活のちょっとしたことや身体の仕組みが原因となる場合もあります。

この記事では、疲労のメカニズムから改善ポイント、サプリの効果や活用方法までを詳しくご紹介します。

疲労はどうして起こるの?

疲労はどうして起こるの?

疲労とは、自分ではなかなか気づけない肉体的・精神的な体の不調をあなたに知らせてくれる役割を持っていて、疲労は「これ以上作業を続けると、キャパオーバーしてしまうよ」とSOSを訴えている状態のことを指します。仕事の期日が迫っている・やりがいのあることを一生懸命やっているなど、脳が興奮状態にある場合は疲労に気がつかない場合もあるため注意しましょう。

疲労の主な原因とは?

疲労は、自律神経の乱れが大きく関わっていると言われています。自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経の働きがお互いにバランスを取り合い、体のあらゆる器官や組織の調整をしている重要な神経です。交感神経が活発になると、脳の血管が萎縮したり、胃腸の働きを抑制したりします。対して、副交感神経の働きが活発になると脳の血管が拡張し、胃腸の動きが活発になります。このように、正反対の働きをうまく操ることで私たちの健康状態は保たれているのです。

しかし、体を動かしすぎたり、ストレスが溜まったりなど肉体的・精神的に負荷をかけ続けてしまうと自律神経のバランスが崩れてしまいます。これが、疲労として身体の影響に現れる主な原因です。

疲労の原因:自律神経が乱れるのはどんな時?

疲労を引き起こす自律神経の乱れは、ストレスや生活習慣などが原因として挙げられます。第一に、人間関係や仕事からのプレッシャー・将来への不安など精神的ストレスを抱えると、自律神経のバランスが崩れる原因となります。

次に、不規則な生活を行うことも自律神経の乱れにつながります。特に、偏食・睡眠不足には注意が必要です。ダイエットなどにより偏った食生活を続けていると自律神経のバランスを保つための栄養が摂取できなくなってしまいます。また、夜遅くまで起きていると交感神経が優位になりすぎてしまうため気をつけましょう。

疲労の症状とは?

疲労の症状は、自分では気がつかないレベルで進行している場合があります。特に、以下の症状が1つでも当てはまる場合は体がSOSを出している状態だと言えます。

・強い倦怠感があり、なかなか起き上がれない
・眠れない、寝ても寝た気がしない
・運動や活動後は強い倦怠感を感じる
・立っている時に物事を考える・判断ができない

このような症状が6ヶ月以上続く場合は、疲労が蓄積されすぎている「慢性疲労」という状態です。決して特別な病気ではなく、日本人のおよそ45%が慢性疲労に陥っていると言われています。また、なんとなく食欲がない・朝起きるのがつらい・肌荒れなど日常の中の小さなことも疲労のサインです。自分からのSOSに耳を傾ける・聞き逃さないようにしましょう。

疲労を改善する3つのポイント

疲労を改善する3つのポイント

疲労を回復するには、休養と生活習慣を整えることが重要です。慢性的な疲労を取り除くには、長期的な心がけが必要となるため、自分にできる範囲で無理をせず改善方法を取り入れていきましょう。

ポイント① 良質な睡眠を取り入れる

疲労回復に一番効果的な方法は、「睡眠」です。ただ長時間眠れば良いというわけではなく、乱れてしまった自律神経のバランスを立て直すための睡眠が必要です。入眠前の心がけ・朝の習慣を整えることをお勧めします。以下のチェックリストを実践してみましょう。

・食事は就寝時間の3〜4時間前
・入浴は就寝時間のなるべく1時間前に
・アロマや湯たんぽなどリラックスグッズを用いて就寝
・朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる
・就寝と起床の時間を一定にする

これらのポイントを守るだけでも十分な疲労回復が見込めます。特に、朝に太陽の光を浴びると、睡眠ホルモン「メラトニン」が蓄積され、14〜16時間後、ちょうど就寝時間に最適な時間帯にホルモン分泌されるため入眠をスムーズに行うことができます。

ポイント② 栄養バランスの良い食事を取る

疲労回復に特に特化した「これを食べれば元気満点!」と言った万能フードは残念ながら少ないです。何よりもまず、バランスの良い食生活を整え、満遍なく栄養素を摂取することが疲労回復の近道です。

炭水化物・タンパク質・脂質は「エネルギー産生栄養素」と呼ばれていて、体を動かすエネルギーの要となります。また、ビタミン(特にビタミンB1、B2)は細胞作りや体の生理機能を調節してくれる機能のため、不足しないように毎日の食生活の中に取り入れましょう。

ポイント③ 「笑顔」の機会を増やす

「え?笑顔を増やすなんて精神論でしょ?」と思った方も多いかもしれませんが、実は「笑い」は科学的に体の免疫力の上昇や疲労回復に効果があると科学的に証明されている健康法です。人が笑うと、「神経ペプチド」という物質が生成されます。この神経ペプチドは、体内でリンパ急の一種であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)という免疫をコントロールする細胞と合体し、体の健康機能をアップデートしてくれる働きがあります。

また、笑うと交感神経の働きが促進・低下を繰り返すことにより、自律神経のバランスが整います。笑顔は、健康維持だけでなく直接的な疲労改善にもつながるのです。

即効性を求める場合はサプリがおすすめ!

即効性を求める場合はサプリがおすすめ!

仕事や家事が忙しく、良質な睡眠や栄養バランスを考えた食事は難しい・・・そんな方も多いのではないでしょうか。栄養の摂取や睡眠での疲労回復効果はどうしても長期的に考えなければなりません。

サプリメントが疲労回復によくおすすめされる理由は「即効性」です。すぐに疲労回復して仕事や日常生活に支障をきたさないようにしたいという場合には、サプリメントで必要な栄養素を補いましょう。

栄養満点のジャンボにんにくが凝縮された「HB黒にんにく粒」

株式会社フローラが考案したHB黒にんにく粒は、生活習慣の乱れや疲労に悩む方を対象に健康な体作りをサポートするサプリメントです。ニンニクは、昔から疲労回復・不眠症・食欲不振を改善するために使用されてきた健康食品です。

HB黒にんにく粒に使用されているジャンボにんにくは通常のニンニクよりも6倍〜8倍大きく、疲労回復に必要な栄養素カルシウム・亜鉛・鉄などが豊富に含まれています。ニンニクが健康に良いのは知っているけれど臭いが気になって食べられないという方にもサプリメントなら臭いを気にせず取り入れることができるためおすすめです。

HB乳酸発酵黒にんにく粒。
HB乳酸発酵黒にんにく粒。

まとめ

疲労は、自律神経が乱れることで体のあらゆる器官を調整する機能が低下することから引き起こされます。1度乱れてしまった自律神経を整えるためには、良質な睡眠や食生活の見直しなど長期的な改善策が必要です。しかし、サプリメントなら、疲労回復の即効性が見込めます。生活習慣を整えながら、サプリメントで現在の疲労を改善するという方法が疲労回復につながります。

RELATION関連記事

  • 保湿ケアが出来る入浴剤を徹底比較 ! カサカサ肌でもう悩まない♥

    保湿ケアが出来る入浴剤を徹底比較 ! カサカサ肌でもう悩まない♥

    ボディ

    2019.02.26

  • おすすめのハンドケア&マッサージをご紹介。

    おすすめのハンドケア&マッサージをご紹介。

    ボディ

    2019.01.23

  • 乾燥肌を潤いのある肌に!保湿入浴剤がおすすめ

    乾燥肌を潤いのある肌に!保湿入浴剤がおすすめ

    ボディ

    2021.06.29

  • 夏こそ入浴。こんなに効果があるんです!

    夏こそ入浴。こんなに効果があるんです!

    ボディ

    2022.07.19