頭皮のこりが起きる原因は?対処法などを徹底解説

頭皮のこりが起きる原因は?対処法などを徹底解説

2024.05.21

仕事や家事なので、日常的に目を酷使したりストレスがかかって歯を食いしばるクセが自然できてしまうと頭皮のこりにつながります。
頭皮のこりをほぐしたいけど、どのようにすると良いか困っているという方も多いのではないでしょうか。
今回は、頭皮のこりの原因や頭皮のこりをほぐす方法などを解説するので参考にしてみてください。

頭皮のこりが起きる原因

頭皮のこりが起きる原因

頭皮のこりが起きてしまう原因は、主に筋肉が関係しています。
どの筋肉が関係しているのか、みていきましょう。

前頭筋などの緊張

頭の前方にある「前頭筋」は、頭頂部へ続く「帽状腱膜」と後頭部の「後頭筋」につながっています。
長時間デスクワークを続けるなどした際に、姿勢が悪いと肩や背中の筋肉が固まり、ストレスを感じることで筋肉が過度な緊張を起こすので、こりを引き起こします。
頭部の筋肉は全てつながっているため、前頭筋などの一部の筋肉がこった場合でも頭皮全体がこることで、頭痛などを引き起すので注意が必要です。

側頭筋の緊張

頭部の側頭にある「側頭筋」は、顎の動きに関係している筋肉です。
過度のストレスなどで、寝ている間に歯ぎしり・食いしばりをすると、顎への負担が大きくなり、側頭筋が緊張状態になります。
結果的に、頭皮のこりにつながるでしょう。
そのほかにも、もともと食事をするときに片方の口でかむクセがある人も、側頭筋が緊張しやすくなるので、注意が必要です。

HG-101植物性の育毛剤
HG-101植物性の育毛剤

頭皮のこりをほぐす方法

頭皮のこりをほぐす方法

頭皮のこりをほぐす方法は、いろいろあります。
それぞれの方法をご紹介するので、自分に合った方法を見つけてください。

ストレッチ

頭皮のこりをほぐす方法でおすすめなのは、ストレッチです。
ずっと同じ姿勢を繰り返していると、筋肉が緊張しやすい状態になるので、適度なストレッチを行いましょう。
しばらく同じ姿勢をしていたなと思ったら、座る位置を変えて伸びをするなどでも十分に血行に良い影響を与えます。
入浴後、軽くストレッチをしてから眠ると入眠も良くなる可能性があり、ストレスが軽減するなどの効果も期待できます。
そのため、時間を見つけてストレッチをするよう工夫してください。

頭皮マッサージ

頭部の筋肉は自力で動かすことは難しいので、頭皮マッサージを定期的に行って、こりをほぐしていきましょう。
強くするとよりこりが激しくなるので、爪を立てずに指の腹を頭皮に当てて、優しくマッサージするのが基本です。
頭の表面だけをこするのではなく、地肌や皮下組織、筋肉も一緒に動かすようなイメージで円を描くようにほぐします。
頭の上、耳の上、頭の後ろなど、それぞれ90秒ずつ程度ほぐし、短時間でも毎日習慣づけるようにしましょう。

ブラッシング

頭皮マッサージをする時間がない人は、ブラッシング習慣をつけるのもおすすめです。
毎日のブラッシングで頭皮が自然に刺激されるので、血行改善につながり、こりを解消効果が期待できます。
頭皮を痛めないクッション性のあるブラシを使用し、丁寧に優しく行いましょう。

頭皮を温める

血行をよくするために、頭皮を温めるのもおすすめです。
ホットタオルを使用して、頭全体にターバンのように巻き付けると頭皮がしっかりと温まります。
温まると血行がスムーズに流れるようになるため、こりを感じたらすぐに試してみてください。
また、忙しい時はシャンプーの前後に行うシャワーでの予洗いをいつもより長めにして、頭皮を温めるのも1つの方法です。
40℃前後のお湯を頭皮に当てて流してあげると、頭皮の刺激にもなります。

育毛剤を使う

育毛剤は髪の毛を育ててくれるというイメージが強いですが、頭皮のこりにも効果が期待できます。
もともと、髪の毛が薄くなる大きな原因は頭皮の血行が悪いことが原因だと考えられています。
そのため、育毛剤を使用して頭皮を健やかな状態にすると、血行も良くなり健康的な髪の毛が生えてくるという流れです。
頭皮のこりが起きている人=薄毛になりやすい、ともいえるため、試してみてください。
HG-101」は、植物を活性させるHB-101の有効成分を地肌と頭皮用に独自開発されています。
スプレータイプなので、しっかりと固くなった頭皮に届けていけるため、使いやすさも魅力です。
日本初の混合植物エキスによる薬用育毛剤なので、頭皮のこりをほぐし、血行をよくするのでおすすめといえるでしょう。

HG-101植物性の育毛剤
HG-101植物性の育毛剤

頭皮のこりが起きないようにする予防法

頭皮のこりが起きないようにする予防法

頭皮のこりは、日常生活での行動の積み重ねで発生します。
そのため、以下の予防方法を試しながら、こりが起きないような状態を心がけてください。

同じ姿勢を続けない

仕事や家事などで、長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉が緊張してしまい血管が圧迫されてしまうので避けましょう。
筋肉が緊張状態になると、血行が悪くなるので、頭皮のこりを引き起こしやすくなります。
首や肩のこりであれば、その場で揉む・動かすことで改善するケースもありますが、頭皮は自力で動かすことができません。
こりを残してしまいがちなので、デスクワークなど長時間同じ姿勢をしている時は、30分〜1時間に一度程度休憩を挟み、体を伸ばすなど配慮しましょう。

適度にストレス発散

ストレスと頭皮のこりは大きく関係しているため、適度なストレス発散は重要です。
ストレスは交感神経が優位に傾きやすく、血管の収縮による血行不良を引き起こしやすくなるのです。
頭部の慢性的なこりにつながる可能性が高いので、適度にストレスを発散してください。
自分の好きなことに没頭する時間や、外出をして日常を忘れるなどいろんな方法があります。

HG-101植物性の育毛剤
HG-101植物性の育毛剤

まとめ

今回は、頭皮のこりの原因について解説しました。
日常生活や仕事のストレスによって、頭皮が緊張状態になると血行が悪くなるので、こりが発生します。
育毛剤を使用した頭皮マッサージや、ストレス発散などを心がけましょう。
今回の記事を参考にしていただきながら、頭皮のこりを解消してみてください。

RELATION関連記事

  • バスタイムを充実した時間に♡ リラックスできるおすすめグッズ4選

    この記事では、充実したバスタイムを叶えてくれるおすすめグッズやリラックス出来るアイテムをご紹介していきます。

    2019.01.01

  • 40代が陥りやすいヘアスタイルの失敗と解決策!縮毛矯正は老ける?

    この記事では、40代女性が陥りやすい老け見えするへアスタイルや、縮毛矯正の失敗例。おすすめの解決方法をご紹介します。

    2024.02.13

  • パーマを長持ちさせたい。簡単にできる方法6選

    せっかくパーマをかけたなら、できるだけきれいにカールした状態を長持ちさせたいですよね。この記事では、パーマをかけた直後に気をつけたいことや、おすすめのケア方法を紹介していきます。

    2019.02.05

  • 40代で気になる頭皮のにおいの原因とは?対策方法もバッチリ解説!

    今回の記事では、自分では中々気づくことができない頭皮のにおいの原因や対策方法を紹介しています。

    2023.06.06