40代の方必見!パサついた髪を髪質改善する方法を解説します!

40代の方必見!パサついた髪を髪質改善する方法を解説します!

2023.05.09

40代になって急に髪の毛がパサつきだしたり、うねったりしていませんか?今までの髪の毛と少し違う感じがするという方は多いようです。実際に加齢や日頃のダメージの蓄積などで髪質は変化していきます。美容院へ行ってケアをすることでいくらでも髪に艶を取り戻すことはできますが、持ちが続かずコストがかかる一方でお悩みの方も多いのではないでしょうか。できるなら自宅でできるホームケアで艶髪を取り戻したいですよね。今回は40代の髪の毛がパサつく原因とホームケアでできる髪質改善方法をまとめています。この記事を読んで、若い頃のような艶やかな髪の毛を目指してみてくださいね!

なぜ40代になると髪の毛がパサついたりうねったりするの?

なぜ40代になると髪の毛がパサついたりうねったりするの?

30代後半から40代になると、これまで艶のあった髪に一気にパサつきがやってきます。
ではその原因は何でしょうか。主な要因としてあげられるのは「加齢」「髪への度重なるダメージ」、そして「頭皮のたるみ」です。ここでは上記であげた点について詳しく解説していきます。

避けては通れない加齢

一般的に髪の毛のピークは30代と言われています。髪の毛のツヤや潤いを保つセラミドが40代になると20代の約半分に減少してしまうからです。年を重ねると頭皮の乾燥から血流不足や栄養不足が原因で、毛根にある毛母細胞という髪の毛が生える細胞が弱まります。髪の毛が細くなり、ボリューム感が減ってしまう原因となります。

繰り返されるヘアカラーや紫外線

髪の毛がパサつく原因には洗浄力が強すぎるシャンプーを使用している、白髪染め等を市販のアイテムを使用している、髪の毛が紫外線や摩擦でダメージを負っていることなどが考えられます。

毎日のシャンプーで髪の毛がキシキシしたり、ゴワついたりしていませんか?シャンプーは汚れを落とすために必要ですが、自分の肌質や髪質に合ったシャンプーよりも洗浄力が強いものを使用すると頭皮を保護するために必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまいます。髪の毛のパサつきだけでなく、頭皮が痒みや乾燥性の白っぽいフケにお悩みの方はシャンプーの洗浄力を見直してみましょう。

40代になると白髪が気になって市販の白髪染めで染めていませんか?市販の白髪染めやホームカラー剤は髪の毛が太い人など誰もが染まるように強めの薬剤を使用しています。そしてよく染まる分、髪の毛に与えるダメージも大きくなってしまいます。白髪染めや髪染めはできるだけ美容室を利用するとそれぞれの髪質に合った薬剤を使用してくれるので、美容室の利用を検討してみてください。

髪の毛は紫外線、摩擦、ドライヤーの熱など日々ダメージを受けています。紫外線はキューティクルを乾燥させ髪の毛をパサつかせます。摩擦やドライヤーの熱もお風呂から上がって髪の毛を拭く際にゴシゴシと拭いている方や、早く乾かそうとして近くでドライヤーを当ててしまうとキューティクルが剥がれて髪の毛がパサつく原因となるので注意しましょう。

加齢による頭皮のたるみ

若い頃はまっすぐとしたストレートヘアだったのに、年を重ねると癖毛に変化した人も40代になると多いようです。原因は頭皮のたるみ。年齢によって筋力が低下しそこへさらに紫外線などダメージを受けることで頭皮がたるみ、毛穴もたるんでしまいます。毛穴がたるむと生えてくる髪の毛が綺麗な丸型ではなくたるんだ毛穴の形で生えてきます。そして変形した髪の毛はまっすぐではなくうねるようなかたちで生え、髪の毛のくせに繋がってしまいます。

健やかな頭皮環境をヘアケアセット
健やかな頭皮環境をヘアケアセット

ホームケアでできる髪質改善方法とは?

ホームケアでできる髪質改善方法とは?

髪質改善と聞くと美容室でのケアやお高めのトリートメントを使用することなどが思い浮かびますが、自宅でできることはないのでしょうか?美容室での施術は即効性があります。いますぐ髪質改善を行いたい方は美容室の施術を利用した方が良いでしょう。しかしツヤのある、しっかりとした髪の毛を生やして根本から髪質改善を行うには日頃のケアや習慣が大切です。髪の毛がパサつく原因を理解した上でツヤのある髪の毛を維持しましょう。

シャンプーを見直してみる

今使っているシャンプーで髪の毛がキシキシする人はシャンプーを見直しましょう。シャンプーの裏の成分表示にラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウムの文字はありませんか?これらは高級アルコール系の洗浄成分で、安価で泡立ちが良いことが特徴です。泡立ちがよいとしっかり洗えている気分になりますが、一方で洗浄力が高く、頭皮に必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまい乾燥につながります。アミノ酸系の洗浄成分が入ったシャンプーは頭皮の皮脂を守りながら洗うことができます。また髪の毛の主成分であるアミノ酸をシャンプーで補うことができます。

髪の毛を乾燥させないために、ドライヤー前に洗い流さないトリートメントの使用も検討しましょう。お風呂上りに何もケアをしていない髪にドライヤーを当ててしまうのはご法度!直でダメージを受けて髪はキシキシになるでしょう。洗い流さないトリートメントをつけることで、髪を保護してダメージを軽減してくれます。洗い流さないトリートメントにはクリームタイプやオイルタイプなど多くの種類があります。自分が使いやすいタイプを選んで試してみてください。

株式会社フローラの「夢見るシャンプー」は天然由来成分100%のシャンプーです。洗浄力が強い成分は使っておらず敏感肌の方でも安心して使用できる植物性商品となっています。これ一本で髪に艶を取り戻してくれるのでリンスが要らずコスト、髪へのダメージ共に半減できます。
家族みんなで使える点も嬉しいですよね。

100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー
100%天然のヘアシャンプー 夢見るシャンプー

紫外線ケアを髪にも忘れずに!

紫外線ケアを髪にも忘れずに!

顔や身体は日焼け止めをぬる習慣がありますが、髪の毛のケアは忘れがちですよね。しかし髪の毛にとっても紫外線は大敵!外出する時は帽子をかぶる、髪の毛用の日焼け止めスプレーをこまめに使用するなど、紫外線ケアを忘れないようにしましょう。

頭皮マッサージで血流を促す

頭皮の血流を促すことで頭皮のたるみを抑えることができ、頭皮に栄養が行き渡るようになるのでツヤのある髪の毛が生えるようになります。頭皮の血流を促すために頭皮マッサージは有効です。爪を立てずに指の腹で優しく揉み込みましょう。前頭部、側頭部、後頭部に分けて行うとマッサージしやすいです。シャンプーの際に行ってもいいですし、日中にリフレッシュしたい時なども気軽にできるので試してみてください。また適度な運動を行うことでも頭皮の血流を促すことができます。通勤の際に一駅分は歩いてみる、軽いストレッチをするなど日常生活に取り入れられそうな運動から始めてみてください。

タンパク質を摂取できる食事を意識して

タンパク質を摂取できる食事を意識して

髪質改善には栄養バランスが大切になります。特にタンパク質、亜鉛、ビタミンB6は積極的に摂取しましょう。タンパク質は髪の毛の主成分で肉、卵、大豆に多く含まれています。亜鉛は髪の毛に栄養を届ける役割や、抜け毛予防などの役割もあります。魚介類、肉類、穀類などに多く含まれます。ビタミンB6は頭皮の新陳代謝を促し健康的な髪の毛を作る役割があります。鯖や鰯などの青魚や牛肉に多く含まれます。

HG-101植物性の育毛剤
HG-101植物性の育毛剤

まとめ

今回は40代になって変化する髪の毛のパサつきの原因や髪質改善の方法をまとめました。髪の毛のパサつきは見た目を左右する大きな要因の1つです。顔や肌がきれいでも髪がボサボサだと印象が変わってきますよね。
しっかりとケアを習慣化することでこれからのお手入れも楽にすることができます。ホームケアには即効性はありませんが、今生えている髪の毛だけではなくこれから生えてくる髪の毛もケアすることができます。この記事を参考に、ツヤのある髪の毛を目指しましょう!

RELATION関連記事

  • 化粧水は頭皮にOK?頭皮ケアで美髪を目指そう!

    頭皮に使う化粧水といっても様々なものが販売されているので、何を使ったらいいのかわからないという方も多いはず。ここではそんな疑問にお答えします。

    2022.02.08

  • 頭皮の毛穴と顔の毛穴って違うの?頭皮の毛穴ケアを解説!

    皆さん、頭皮と顔の毛穴の違いは知っていますか?今回は頭皮と顔の毛穴の違いと頭皮ケアの重要性をまとめています。

    2023.05.23

  • 時短で簡単♪ヘアアレンジ特集。

    この記事では、髪の長さ別におすすめ簡単・時短ヘアアレンジ方法と、ヘアアレンジをする際にあると便利なグッズをご紹介します。

    2019.01.02

  • 頭皮のでこぼこの原因と有効な対処法|病気との見分け方

    頭皮に起こるトラブルはさまざまなものがありますが、頭皮にでこぼこがある場合は老廃物が溜まったり頭皮のコリが原因かもしれません。痛みを伴う場合は病気の疑いもあるためご自身の原因を特定し、適切な方法で改善していくのが大切です。

    2024.04.23