頭皮環境は年齢とともに変化する!頭皮環境に合わせた洗浄のコツ

頭皮環境は年齢とともに変化する!頭皮環境に合わせた洗浄のコツ

2022.01.04

年齢とともにさまざまな不快な症状は増えます。

頭皮に対するトラブルや悩みも年齢とともに増えていきますが、頭皮環境は加齢とともにどのように変化していくのかご存じですか?

• フケや痒みが気になる
• 髪の毛のごわつきが気になる
• ボリュームが減っていく
• ツヤやコシがなくなる

頭皮環境の変化から、トラブルとして発症する症状は人それぞれ異なりますが、若いころと比較して頭皮の状態をじょうずに維持できている人は少ないはずです。

今回この記事では髪の毛が与える印象をグンとあげるために、頭皮の年齢変化と効率的な頭皮ケアについて紹介します。

頭皮の基本!年齢変化ってなに?

頭皮の基本!年齢変化ってなに?

頭皮も加齢とともに変化します。肌トラブル同様に老化という症状から不快なトラブルが増えます。

そもそも頭皮は帽子や日傘なしでは紫外線にさらされる部位でもあり、外的刺激によるダメージが大きい部位です。

年齢とともにダメージの蓄積から、若い頃と比べるとさまざまなトラブルが出てくるのは自然のことですが、頭皮についてどのような構造になっているのか?

そして頭皮の年齢変化について理解することで、じょうずな頭皮ケアが取り入れられます。

HG-101植物性の育毛剤 HG-101植物性の育毛剤

頭皮の基本

頭皮の皮膚は表皮と真皮、そして皮下組織で保たれています。

表皮の最外層はわずか0.02mm程の層で、外的刺激によるダメージは薄い層で守られています。

肌を守るために紫外線によるダメージをよりバリアするために日焼け止めなどを使用すると思いますが、頭皮も同様に刺激を守るケアはとても重要です。

しかしなかなか髪の毛に日焼け止めを塗るなんてことはできませんので、どこかケア不足に陥りがちになります。

薄い層で必死に外的刺激からバリアするための最外層の機能低下してしまい、頭皮環境が乱れていきます。

ヘアサイクルについて

頭皮は年齢で変化します。これは髪のヘアサイクルと深く関係しており、髪の毛はずっと伸び続けているわけではなく、古い髪の毛は抜け落ち新しい髪の毛が生えてきています。

肌の古い角質がポロポロ落ちていく仕組みと同様に髪の毛も古くなった毛はある一定の時期で抜け落ち、新たに健康な髪の毛が生えてきます。

これをヘアサイクルといい、ヘアサイクルで新たな髪の毛が生えてくる時期に個人差はありますが約3年〜5年です。

しかしこのヘアサイクルは加齢とともに変化しています。

• 頭皮環境悪化
• 血行不良
• 毛根の活力低下

年齢とともに頭皮環境は悪化しますが、このような要因が重なると髪の毛のヘアサイクルは乱れます。

髪の毛のヘアサイクルが乱れるということは本来なら抜け落ちるべき髪の毛が定着します。

髪の毛の見た目が悪化する原因にもなりますし、さらに頭皮に与えるダメージを大きくします。毛髪はずっと伸び続けているのではありません。

では、ヘアサイクルにはどのような時期があるのでしょうか?

• 退行期・・毛乳頭の活動低下、毛球部が小さくなる
• 休止期・・毛乳頭の活動休止
• 脱毛期・・毛乳頭の活動休止により抜け落ちる
• 新生期・・毛乳頭が活動を再開

ヘアサイクルは4つの時期を繰り返し、古い毛から新しい毛に生え変わります。

正常にヘアサイクルを繰り返すことが、髪の毛の印象を維持してくれますが、加齢とともに髪のヘアサイクルが乱れることで脱毛期を迎えるべき毛は定着してしまいます。

このようなサイクルを繰り返すことで頭皮環境はさらに悪化してしまうのです。

年齢変化とは?

髪のヘアサイクルが乱れ始める時期は30代からと言われています。

この時期に髪の毛に対する悩みを感じる方は多いはずです。

• フケや痒みが気になる
• 髪の毛のごわつきが気になる
• ボリュームが減っていく
• ツヤやコシがなくなる

冒頭でも紹介したような悩みに加え、うねりや白髪が気になる人も増えます。

このような髪の毛のトラブルが増えるのも頭皮環境の乱れが大きな要因になっています。

頭皮ケアのコツ

頭皮ケアのコツ

頭皮環境の乱れによるトラブルを解消するためには頭皮ケアが必要になります。

しかし頭皮ケアといってもどのようなケア方法が正しいのか素人では分かりにくいはずです。

なんとなくの知識で誤った頭皮ケアを取り入れても頭皮環境を改善させるどころか、頭皮環境悪化の原因になります。

ここからは加齢による頭皮環境の乱れを防止するために必要な正しい頭皮ケアについてみていきましょう。

頭皮ケアに必要なシャンプーを使う

頭皮環境を整えるためには、頭皮を清潔にリセットすることが大切です。

皮脂や脂肪酸は頭皮環境乱れの要因になり、水やお湯だけではなかなか落としきれない汚れです。

余分な皮脂や脂肪酸をしっかり除去するためにはシャンプーをしっかり使うことです

洗浄成分がしっかり配合されているシャンプーをしっかり泡立て、頭皮をゴシゴシ擦るのではなく、頭皮を優しく刺激するように、優しい力で汚れを浮かして除去しましょう。

頭皮ケアに欠かせないのはクレンジング

頭皮ケアは正しいクレンジング法を取り入れることが大切です。

髪の毛はしっかり濡らして、シャンプーの成分は全体に行き渡るように意識しましょう。

しっかり全体にシャンプーを塗布したら、かゆみの感じる部位は丁寧に洗浄し、少し高めの温度でしっかりシャンプーを洗い流してください。

シャンプーの成分が残っていると毛根に成分が入り込んでしまいます。

シャンプーのクレンジングを丁寧におこなった後はシャンプーを綺麗に洗い流すことを意識しましょう。

頭皮マッサージで頭皮環境を整える

頭皮マッサージは余分な汚れを浮かして除去するだけでなく、頭皮の血行促進効果を高めます。

頭皮環境の乱れのひとつでもある血行不良を効率よく解消してくれるだけだけ、頭皮にリフレッシュ効果を与えます。

頭皮のコリ改善効果から頭皮を柔らかく、必要な成分を送り込みやすくしてくれます。

またヘアサイクルの乱れも整えてくれるので、頭皮環境を整えるための頭皮ケアに頭皮マッサージを取り入れていきましょう。

頭皮マッサージのポイントは手のひらで頭皮を挟み、指で頭皮をつかむよう優しく指を動かすことです。

普段の洗髪時に取り入れられる簡単頭皮ケア方法ですので、ぜひ今日から取り入れてみてください。

まとめ

頭皮環境は30代を迎える時期から乱れ始めます。頭皮環境が乱れると髪の毛にさまざまはトラブルを発症させます。

体感で分かる変化から、見た目にも影響する変化まで、不快な症状が重なるのが頭皮環境の乱れの厄介なところです。

髪の毛は印象を左右します。年齢を重ねても綺麗な髪の毛を維持することで美意識の高さをイメージさせてくれます。

頭皮環境はヘアサイクルの乱れから悪化していくので、髪のヘアサイクルを理解することでじょうずに頭皮ケアができます。

頭皮ケアも正しく効率の良い方法で取り入れることが頭皮ケア効果を高める近道です。

ぜひ今日から頭皮ケアを始めて、年齢を重ねても綺麗な髪の毛を維持していきましょう。

HG-101植物性の育毛剤 HG-101植物性の育毛剤

RELATION関連記事

  • 髪の保湿におすすめのシャンプー3選!

    髪の保湿におすすめのシャンプー3選!

    ヘア

    2020.06.30

  • ふけと皮脂は同じもの?仕組みや対策について!

    ふけと皮脂は同じもの?仕組みや対策について!

    ヘア

    2021.07.27

  • 女性に人気・リンスインシャンプーのおすすめランキング

    女性に人気!リンスインシャンプーのおすすめランキング3選

    ヘア

    2019.07.23

  • 頭皮に乳液を使って良いの?効果や方法を解説します!

    頭皮に乳液を使って良いの?効果や方法を解説します!

    ヘア

    2021.08.24